人口分布と大気汚染

環境問題ですぐき挙げられるものの一つに二酸化炭素があります。

私たち人間も吐き出している、二酸化炭素です。

二酸化炭素CO2の削減というと、自動車の排気ガスについて問題となりますが、私は実は、人間の吐くCO2が気になっています。決して、一人一人が呼吸を控えめにすればよいという事では、勿論ありません。人口増加を問題にするつもりもありません。

気になっているのは、都市部での排気ガスよりも工業地帯での産業排気ガスよりも、人口の密集についてです。それは、地球上の人口の分布を変化させれば、CO2問題は解決するのではないだろうか、という事です。

排気ガスの削減が無意味であるとは思いませんが、それよりも、これまで増加してきている地球上の人口が都市部に密集していることが独特の気流を作り上げ、少なからず大気汚染や地球温暖化に関わっているのではないだろうかと思うのです。

実際に人の暮らす場所や活動場所を大規模で変化させるのは大変困難です。不可能に近い事柄であるからこそ、コントロール可能である排気ガスの方ばかりが取り上げられているだけであって、本当に問題となっているのは人の密集の方ではないだろうか、とすら思えるのです。

さて、これはあくまでも思い付きに過ぎませんが、日本国内で人口が均等に国土全体に分布したとしたら、それだけでも地球全体の気流に影響を与えるのではないか、と思います。地球全体のほんの一部分の変化に過ぎない事が発端で期間の短い長いは分かりませんが、最終的に全体の気流がガラリと変わる可能性がないとは言い切れません。

専門家がシュミレートした上で変えなければ今よりも危険な事になりかねませんし、シュミレート出来たところで、実際にその、大勢の人の移動が行われるのはとても非現実的です。

しかし、円滑に実現することが困難な事に関して考えたり調査研究をする事が有意義であるかどうかは別として、実際どうなのだろうか、ということに大変興味があります。

eco

しっかり選びたいエコ商品

今って、環境に対して、全体が向き合おうとしている流れになってきていますよね。
国内もそうですし、国外でも、世界中で環境問題に
きちんと取り組んでいこうと動いているんだなと感じます。

日本のスーパーやコンビニエンスストアなどでも
よく調べると、環境をきちんと考えた商品の作り方をしていたり
木々を増やすイベントに参加していたり
どんどん意識が変わってきているのかと思います。

どこに言っても、
「エコマーク」や「リサイクルマーク」など、
環境に配慮した製品などを選ぶための基準を設けてあって、
すごく便利になってきていますよね。

その達成度合いをマークで示したていたり、製品の素材を識別するための情報を
しっかりと、私たちにもわかりやすく提供する表示をつける製品が増えてきていますよね。
商品の裏をみれば、大体の情報が手に入るし
インターネットで検索をすれば、より詳しい情報がわかるようになっている。

でも、その反面、本当に地球にやさしいのか?不明な商品も多く出ているようにも
思えます。
大事なことは、例えば「地球にやさしい」とうたわれる
商品が本当に環境によいものなのか?? なのかもな。

【環境にやさしい】というキャッチフレーズを見ただけで
もう、なんとなく、地球にいいことをしたような気持ちになって
なんとなしに、購入してしまうこともよくあります。

リサイクルを一生懸命進める一方で使い捨て容器の種類や量を増やす
消費型の生活が維持されるという現状で
これで本当に環境にいいことをしていると本当にいえるのか?

【環境にやさしい】というキャッチフレーズを鵜呑みにして
すぐに、レジに直行する前に
いったん、間をおいて、本当にこれは環境にいいのかな?と
立ち止まってみることも必要なのかもしれないですよね。
今は、何でも売るための材料になる世の中。
【環境にやさしい】も【ECO】というフレーズも
知らず知らずに、商品価値として、うたい文句になっている商品もあるんじゃないかな
と思いました。

表面的な宣伝文句に惑わされずに
背後にあるものを見極められるように
ちゃんと見る力を育てて情報分析能力や判断力を持って
しっかりとした買い物をする必要があるのかなーとエコマークのことを
検索していて思いました。

nouyaku

農薬はある程度仕方ない

無農薬の野菜がアピールされていますが、自分はいろいろ疑問がありますね。
だって、無農薬だと虫に喰われていたり、虫そのものがくっ付いていたりするじゃないですか。
 
それだったら多少農薬を使ってでも、きれいな状態の野菜を食べたいですね。
農薬には発がん性物質が付着していて危険だって言われますが、野菜が原因でガンになった人は居るんですか?
ネットで検索したけど、そんな情報は見つかりませんでしたね。
 
農薬を使っていると野菜がまずくなると言う人も居ますが、絶対に味を分かっていないですよ。
目の前に無農薬の野菜と、農薬を使った野菜を並べられて味の違いが分かるとは思えません。
一昔前までは大量に農薬を使って栽培された野菜を食べていた訳です。
でも、大量が悪くなった人は居ないと思います。
結局は、農薬が良くないと言われて、それを信じた人が過剰反応しているだけなんですよ。
 
結論、無農薬にこだわる嫁は間違っているのです。
わざわざ無農薬の高い野菜を買うよりも、農薬を使って安い野菜を買う方が家計には良いのです。
嫁と野菜についてこんなに真剣に話し合うとは思いませんでした。
農薬が付いていたとしても微量でしょうし、洗い流せば良いんですよ。
 
農薬を使うことで生態系へ悪影響があるという話もありますが、それも仕方ないことですね。
美味しい野菜を食べるためなんです。
多少の犠牲は仕方ないのですよ。
虫が死ぬ死なないの問題よりも、家計が火の車にならない心配の方が遥かに大事ですからね。
 
でも、海外で気になるニュースはありました。
農薬が原因で大量のハチが失踪してしまうというニュースです。
これはまあ、農薬はほどほどにしないといけないなとは思いましたね。
日本ではそんなこと無いと思うので、あまり気にはしていません。
 
とにかく、農薬で生態系に影響が出たとしてもそんなのは微々たるものです。
使い過ぎるのは良くないですが、多少の農薬は美味しい野菜には必要なんですよ。
環境問題だの健康だのに気を使い過ぎるのは、逆に不健康ですね。

think

オゾン層保護推進のためフロン回収を推進する団体とは

フロンガス(フロン)により、オゾン層が破壊されることは多くの人々に知られています。そして、フロンの適切な回収には、多くの企業の連携や正しい情報交換が必要となります。たとえ競合する企業であったとしても、正しい方法で法律を守りビジネスをしたいという思いは一緒です。こうした企業が集まって作った団体が、一般財団法人日本冷媒・環境保全機構という団体です。
 
 
この団体は、もともとフロン回収関係で作られた民間の三団体が合併して2014年に発足しています。会員には、三菱電機、東芝キャリア(東芝の空調機子会社)、旭硝子といったら大手企業、フロン回収機メーカーなどの企業会員、また関連する業界団体が業界団体会員として参加しています。団体名に「機構」とあるため、官公庁の特殊法人かと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実際は民間で運営されている団体になります。
 
 
団体の役割として最も大きな点は、フロン排出抑制法に準拠した点検整備記録、フロンの再生破壊管理表の記録、フロンの充填や回収記録、保持システムの運営になります。このシステム運用は、日本冷媒・環境保全機構のみが国により許可されています。言い換えると、国はシステム運用を行わず、日本冷媒・環境保全機構にシステム運用を丸投げしている、言い換えると、この団体がシステム運用を独占しているとも言えます。国に代わって同機構がシステム運用するのであれば、必要なシステム変更も、法制に則っていれば、都度、国に依頼する必要もないため、このような体制になっているのではないかと推察できます。
 
 
これ以外の活動としては、情報発信や啓蒙活動があります。そして国からしても、民間側からしても、交渉窓口が一元化されたことのメリットは大きいでしょう。業界団体が複数あれば意見が異なり調整に手間取りますが、そうしたすりあわせ作業を行う労力が軽減されるためです。

東京水

ペットボトル「東京水」はオゾン脱臭除菌済み

「水道水をペットボトル販売?何ですかそれは?」と大きな話題を集めたのが、東京都水道局が販売している、500ミリリットルの水道水ペットボトルの「東京水」。ミネラルウォーターとほぼ変わらない美味しさと安全性のアピールのための商品で、販売箇所は少ないですが、話題づくりには大きく成功しています。
 
 
地方出身の私が初めて東京に来たのは1980年代の頃です。東京に住む、母の知り合いの家で数日過ごしたのですが、そこの家の水道水が赤茶けていて、とても飲む気にはなれなかったことをよく覚えています。母の友人も、「そのままで飲むことはまずない。ただ、ミネラルウォーターは高いし持ち運びが邪魔なので、沸騰させた水を冷ましてから飲むようにしている」と言っていました。
 
 
しかし、大学生になって東京にやってきた頃には、もう飲み水は美味しく、透明になっていました。いったいこの違いは何か、と言いますと、水道に携わる人たちの努力と、技術のおかげです。
 
 
過去に、赤茶けた水が出た理由は2つありました。1つは水道管のさび。もう1つは、浄水所で出た除菌過程の有機物が取り除かれていなかったことです。安全性にはほぼ問題はないが、さびや有機物の混入で色が付いていて、かつ美味しくなかったわけです。
 
 
これを解消するための努力は凄まじいものです。まず水道管のさびですが、水道管の定期的なメンテナンスを継続的に行っています。言うのは簡単ですが、東京中を張り巡らされている水道管を、古いものから少しずつあたりしい物に置き換えていく作業は、技術的に高度ではないものの、とにかく工数(人件費)がかかります。
 
 
そして、有機物の除去ですが、これはオゾンと活性炭を利用することで解決しています。オゾンで、有機物を分離し、その後活性炭で有機物を取り除くという流れです。オゾンも活性炭も、後に分解され、成分を水の中に残さないので、非常に使い勝手がよいわけです。これは、オゾンを安全にかつ大量に発生させる技術とコストの低下が可能にした工程と言えます。 
 
 
もちろん、マンションの中の配管が古びていて水が美味しくない、色が変というケースはまだあるかもしれません。しかし、行政としては最大限の努力をしており、いわゆる最後の最後の部分(ラストワンマイル、と言われることもあります)は、マンションの管理組合、また一戸建てであれは個々人が負担する必要があります(なぜなら、建物内の配管は、所有者が管理する必要があるためです)。
 
 
私は今住んでいる東京の家で飲む水はすでに美味しいのですが、東京都水道局が自信を持って販売する「東京水」がいかほどのものか、近々試してみたいと思います。
 
 
オゾン水と殺菌処理

refurbish

環境にやさしいリファービッシュ品とは?

スマートフォンやタブレットなどの電子機器を中心に、最近よく聞く「リファービッシュ品」という言葉。これは何か、正確に知っていますか?
 
今回はリファービッシュ品についてお伝えします。
 
リファービッシュとは英語でrefurbishと書く単語で、動詞だと「磨き直す、一新する、改装する」という意味ですが、名詞になると「再生品」という意味になります。例えば、スマートフォンやタブレットなどの機器が、初期不良などで返品され、その不良個所が修理されたとします。
 
そうした商品は、ごく短期間しか利用されておらず、見た目はほぼ新品なのですが、一度利用者の手に渡っているため、「新品」として販売することはできません。ただ、使えるものなのに捨ててしまうと、利益が減りますし、廃棄コストが追加でかかってしまうため、環境にもよくないです。機器メーカーや、販売店としては困った自体です。
 
 
こうした商品を、あえて「再生品」「リファービッシュ品」として、メーカー保証をつけて自社のウェブサイト経由などで販売する、ということが最近増えました。特に有名なのは、アップルが自社サイトで販売するiPhone, iPad, Macなどの再生品です。商品として何の問題もなく使えるが、新品より割安ということで、サイトに商品が上がるとすぐに売り切れてしまうほどの人気です。
 
 
もちろんアップル以外でもこうした商品は販売されています。難点としては、新品商品と比べると数が少ないこと、それから再生品として販売される商品の数量が安定しないことです。例えば「最新のMacの再生品が欲しい」と思っても、いつになったら再生品が出てくるかは全く分かりません。よって、タイミングを狙って買うのは、ほぼ無理と言ってよいでしょう。
 
 
問題のない商品が、破棄されることなく、再生品として流通する。これはおサイフに優しいだけでなく環境にも優しいのです。もし店頭やウェブサイトで、再生品、リファービッシュ品と書かれた商品を見つけたら、ぜひ興味を持ってみてください。
 
 
環境のことに興味をもたれた方は是非ともこちらのオゾン水についてもご一読いただければと思います。

オゾン水ネット
http://xn--kckxbyjs74u.net/

solar-power

太陽光発電

学生のときからですが、太陽光発電を見かけるようになり、今では家庭やいろんな土地で発電してるのを見かけます。学生時代に発電特集をTVで観て以来、メリットがあるから取り入れようと家族に言ってましたが、その時は受け入れてもらえなかったです。
 
 
けど、最近になってようやく良さが分かったのか、去年から太陽光発電を取り入れるようになりました。母に聞いたところ、もっと早くからやれば良かったと話してました。太陽光発電のメリットは、オール電化です。ガスを使わないので、ガス代は掛かりません。
 
 
停電時でも発電した分を少し賄えるみたいです。
 
 
雨の日でも発電されてるみたいで、機械は丈夫なようです。また、発電した一部を買い取ってくれるらしいので10年で元を取れるそうです。羨ましいです。結婚して実家を出てしまったので、オール電化とは無縁ですが、実家と同じようにオール電化の家が増えたことは、環境にとっても各家庭にとってもメリットがあるみたいですね。家以外にも土地を利用して発電してるところでは、機械がたくさん並べられてて驚きます。
 
 
初めてそこを見たときにはこんなに必要なの?と思いました。
 
 
市の役員の知り合いの方に聞いたところ、多く発電することで停電時に町の何日かを賄えると話してました。凄いですよね。
 
 
東日本大震災が起きてから停電で非常に困ったと聞いて、それから発電を町で行うようになるなんて、大震災での経験が生かされてるなと思いました。これからもっと発電する家庭や場所が増えていくように感じます。今思うと太陽の光を利用して発電を考えた人は凄いです。
 
自然の力を最大限に生かせてるのですから。
 
 
そういえば小さい頃ですが、ソーラーカーをTVで見たことがあります。
 
 
もしかしたらソーラーカーが発電に繋がる最初の一歩だったのかもしれません。自然の力を利用した発電はこれからも進化していくと思います。
 
 
もっと手軽に発電出来れば、きっと環境破壊は軽減されていきます。
 
それを期待してます。

flight

なぜ旅客機で飛行時間を短縮できないか

飛行機に乗って海外旅行に行くのはとても楽しいものです。
 
 
しかし、長時間の飛行機が苦手という人は多いかと思います。東京からヨーロッパに飛行機(ノンストップ便)で行くと、大抵10時間以上かかります。東京から北米大陸も同様です。そして驚くべきことに、旅客機の速さはここ30年ほどで、ほとんど変わっていないという現実があります。
 
 
それでは、なぜ旅客機の飛行時間を短縮できないかについて、考えてみたいと思います。
 
 
技術的には、現在の2倍の速度で飛行する旅客機を開発することは可能ですし、実際過去にそうした旅客機はありました。イギリスとフランスが共同開発したコンコルドがそれです。またこれ以外にも軍用機、特に戦闘機はどれも旅客機の2倍の速度で飛行しています。技術的に可能な超音速の旅客機がなぜ現在飛んでいないのか、見ていきましょう。
 
 
超音速機と呼ばれたコンコルドが商業飛行を開始したのは、1976年のことです。コンコルドは、ロンドンからニューヨーク、パリからニューヨークを、通常の時間の半分で結ぶという夢のような飛行機でしたが、後継となる機体は開発されず、2003年に飛行が停止されています。ちなみに多くの国の航空会社は導入を計画しましたが、結局見送っています。
なぜ見送られたのか。その理由は3つあります。
 
 
1つは、騒音です。
コンコルドは、音速を超えて飛ぶため、ソニックブームと呼ばれる爆音が響きます。これは通常の旅客機とは比べものにならない騒音で、空港付近の住民が「騒音により住環境が著しく悪化する」ということで、飛行差し止めを主張し、その結果一部の国以外で導入が見送られました。
 
 
2つめは、飛距離が短いことです。
大西洋は横断できても、太平洋を横断することはできない、また東アジアからヨーロッパへの直行便を飛ばすことは出来ず、経由地で着陸していったん給油する必要があります。そうすると、いくら超音速といっても、ノンストップで飛ぶ通常の旅客機と飛行時間は大差なくなってしまい、「早く着く」メリットがなくなります。
 
 
3つめは、経済性の悪さです。
コンコルドは、設計が1960年代に行われているため、乗客一人当たりのスペースが狭く、快適とはとても言えません。しかし、料金が普通の旅客機のファーストクラスより20%も高いのです。数時間節約するたびに、膨大な金額を払い、かつスペースが狭いため機内環境が窮屈、ということから、利用する人は限られました。
 
 
なぜ非常に高い料金にせざるを得なかったか、というと、コンコルドは乗客一人当たりの燃費が非常に悪かったことがあげられます(飛行機が音速を超えると燃費消費が極端に増えるという性質があります)。1973年の第一次オイルショック、1979年の第二次オイルショックで燃料価格が大幅に上がったことも大きな原因です。
 
 
人びとは速さより、安さを求めていました。機体の大型化による大量輸送、それによるチケット価格の低下を待っていたのです。1970年に商業運行を開始したボーイング747は、この流れを加速させたため、コンコルドに勝ち目はありませんでした。
 
 
騒音による住環境悪化、飛行距離の短さ、経済性の悪さ、これらがトリプルパンチとなったところで、さらに2000年のコンコルド墜落事故、2001年のアメリカ同時多発テロが、コンコルドの運行にとどめを刺しました。結果、惜しまれながらも、2003年に運行を停止しています。
 
 
今後、騒音が少なく、飛行距離が長く、そして燃費がよい、すなわち環境負荷が少ない旅客機が開発されることがあれば、超音速機が復活することもありそうですね。東京からロンドン間で、現在の半分の6時間で飛べるようになる日が来てほしいものです。
 

ゴミのポイ捨て

環境問題の一つ、ゴミのポイ捨てについて

環境問題の一つがゴミのポイ捨てです。車で走ったり散歩してると道端に色んなゴミが落ちてます。ビニール袋にタバコ、空き缶やペットボトルなど様々です。
 
たまに地域でゴミ集めをして町を綺麗にしますが、捨ててく人がいます。
 
捨ててる本人は気にならないだろうけど、拾う人のことを考えると嫌ですね。ゴミ箱に捨ててくれればいいですけどね。川へ散歩しに行くことがありますが、ペットボトルが落ちてることがあり、魚はそれを避けて泳いでます。生き物も分かってるんですね。
 
川はとても綺麗なので捨てて欲しくないです。
 
最近は綺麗な花が道端に咲いてますが、そこにもゴミが落ちてるので正直凹みます。
 
花が一生懸命咲いてるのに可哀想に思えます。また、ゴミでよくあるのがお祭りや町のイベントでそこら辺に捨てられてる買い物袋やタバコの量が凄いです。多くの人で賑わうのでありがちなんですが、やはりゴミ箱に捨てて欲しいです。
 
そのゴミを拾うのは誰だろう?と思いつつも通り過ぎてしまう自分自身も情けないです。
 
また、子供はよく汚いものを触りたがるのでゴミを触って欲しくないという意味で捨てないで欲しいです。それでもゴミのポイ捨てが近年減ってるように感じます。コンビニが増え、コンビニで捨てる人が増えたこととリサイクルを意識する人が増えたことが大きいです。家庭内のゴミをコンビニに持ち込む人もいますが、ゴミ箱に捨てる事を意識してるのは感心します。
 
エコや環境問題がネットやTVなどで取り上げられてるので、結果的に意識する人が増えたのではないでしょうか?
 
 
また、ポイ捨てに限らず嫌な事を後回しすると後々自分のところへ返ってきます。それを知ってからはゴミのポイ捨ては絶対してないし、減らすようにより意識してます。
 
 
ゴミが無くなるのが一番良いことですが、中々出来ません。けど、減らすことは出来るので今後も続けていきます。
 
 
いずれポイ捨てが無くなる事を願いつつ今日もリサイクルに取り組んでます。

smaho

使い終わったスマホ、携帯を買い取りに出そう

NTTドコモ、AU、ソフトバンクなど大手の携帯キャリアとして契約していると、通常は2年で新しい端末煮切り替わります。
 
 
新しい端末が手元に来たら、2年間使った古い端末は、特に使わないが手元に置いたままにしている人は多いはず。実はこれはお金の観点と環境の観点で、大変にもったいないことなのです。
 
 
アップルのiPhoneやソニーのXperia、サムスン電子のGalaxy等の機種は国内外でとても人気があり、中古市場での需要が非常に高いのです。日本だと東京の秋葉原に行けば、たくさん中古のスマホが販売されていますし、ゲオのような全国に展開しているチェーン店でも、中古スマホコーナーを見かけたことがある方は多いと思います。
 
 
買い取りに出すと、状態がよい人気機種であれば数万円の値段が付くこともあります。そして、スマホでない携帯電話、いわゆる「ガラケー」もまだまだ中古需要があります。
 
 
中古市場に出たスマホは、国内で再度利用されることもあれば、海外に出ることもあります。新品の人気スマホを定価で買うと非常に高いので、手がでないが、中古であれば何とか手が届くので買いたい、という人は多くいます。
 
 
特に発展途上国で人気があります。発展途上国の首都には、たいてい大きな中古スマホ商店街があり、日本から来た端末もそうした場所で販売されていることもあります。
 
 
「メリットはわかったのですが、自分が二年間も使ったスマホにはたくさんデータが入っていて、リセットしてもデータが抜かれたりしないか不安」と思われる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。
 
 
携帯キャリア自体が行っている下取りプログラム、また大手の中古専門店の買い取りでは、専用のデータ消去ソフトですべてのデータを抜き取れないように消去を行っています。もし不安でしたら、買い取りに出す際に「何というソフトで消去していますか」と聞いて、そのソフトの名前を検索してみるのも良いかもしれません。
 
 
あなたがもう使わないスマホを買い取ってもらう、ということは、世界のどこかであなたのスマホを再利用されるということです。これは資源の再利用という観点では環境にとても良いことなのです。
 
 
環境にもよく、買い取りによりお財布もハッピー。もし、タンスの中に眠っているスマホ、携帯があったら、買い取りの査定に出してみてはいかがでしょうか。