多種多様なニオイとどう向き合うべきか?

多種多様なニオイとどう向き合うべきか?

もともと鼻が敏感である人は、人一倍ニオイに関してはうるさいかもしれません。その中でも鼻を突くようなニオイというものがありますが、この種のニオイにはどうしても我慢できません。最近では加齢臭のせいなのか、それとも下着についた汗によりアンモニアの臭いがより強固に出ているのか、とにかく人体からのニオイを気にする家族が様々なニオイ消しを使うようになりました。

そのひとつに、夫や息子が使用しているデオドラントスプレーがあるのですが、この香りがかなり強烈でおそらく使用している本人たちは気付いていないのでしょうが、体のニオイとミックスされてより複雑なニオイが生み出されてしまっているのです。

この種のスプレーは最初はフローラルな香りなどが強く出ますが、時間経過とともになんとも言えない複雑なニオイへと変化している、と私の鼻は敏感に感じ取っているのです。嫌なニオイを消すために体を洗う石鹸にもかなり気を遣っています。私がニオイに敏感であるがゆえ、以前は無添加タイプのあまり香りのしない石鹸を使用していました。

しかし、家族のニオイ消し作戦が開始して以来、香りへの熱がどんどん入り、最近ではかなりきつい香料の入っている液体石鹸を使用することになっています。そして一番強烈なのが、部屋の芳香剤です。男性は女性以上に汗を掻きやすいからなのでしょうが、アンモニアがたっぷりついてしまった靴下やワイシャツをそのままリビングなどに置きっぱなしにしているとニオイが部屋中に蔓延してしまうのです。こうなると私の鼻も限界を超えてしまいます。

そこで登場した商品が部屋の芳香剤なのですが、これがスプレータイプのもので、これまたかなり香りがきついんですよ。このように嫌な体臭からくるニオイを消すために我が家の男性諸君は次から次へとニオイ消し作戦を先行していますが、女性である私は毎日ニオイ消しの香りにクラクラしてしているのが現状です。とはいいつつも、やはり夫や息子がもっている独特のニオイをぶつけられるよりは、きっとまだこちらのほうが精神衛生上よいのかもしれません。

一重にニオイと言っても本当に人それぞれ体臭というのは違うと思います。自分が気付いていないだけで、もしかすると私にも独特のニオイがあるのかもしれませんよね。また、ひとつ気付いたのは服の素材との組み合わせによってもニオイは変化することです。

結局のところ、人の本来もっているニオイを消すのは難しいと覚悟したうえで、いかに上手に消臭剤などを使ってそれらニオイと付き合っていくかが大切なのでしょうね。

コメントを残す


*