正しいエアコンの臭い対策を理解しよう!

正しいエアコンの臭い対策を理解しよう!

インターネットには、「エアコンが臭ったら、プロにエアコンクリーニングを依頼しましょう」という広告・記事が多く掲載されています。ただ、実際の所、プロに頼んで解決する臭いと、そうでない臭いがあるのも事実。そして、プロに頼まなくても解決できる臭いも、もちろんあります。では、エアコンの臭い対策についてどう考えるのがよいか、ご説明したいと思います。

臭いを感じたときの対策

まず初めに、エアコンからの臭いを感じたときの対策です。臭いの種類には、「酸っぱい臭い」「カビくさい臭い」「土くさい臭い」など、色々とありますが、はじめに行う対策はどれも一緒です。下記を始める前に、エアコンのコンセントを必ず抜いてから作業に入ってください。

(1) エアコンのフィルターを外して掃除
エアコンのカバーを上にあげると、中にフィルターがあるのが見えるかと思います。多い場合は、左側と右側の両方に一枚ずつ入っているという場合です。これを下に押し下げて外しましょう。そして、外に持って行って、ほこりを払います。フィルター部分を手で上から下に払うようにするのが効果的です(物によっては、フィルター自体をぶんぶんと振り回すほうがほこりが取れることもあります)。

ほこりが取れたら、フィルターを洗面台か風呂に持って行って洗います。洗剤は普通の台所用洗剤でも、衣服用洗剤でも、または手洗い石鹸でも問題ありません。水と洗剤をよくフィルター部分にしみ込ませて洗います。洗った後は、乾燥です。乾燥器に入れるわけにはいきませんので、除湿器や、お風呂の乾燥機能を使うのが便利です。天気が良ければ天日干しでも良いですし、風通しが良い場所での陰干しでも問題ないでしょう。表面に水滴がついていない、また触っても湿気を感じないくらい乾燥すれば、エアコンに戻しても大丈夫です。

(2) エアコンのルーバー掃除
エアコンの風向きを調整する部分を「ルーバー」と言いますが、このルーバーを掃除します。ルーバーはかびが付着しやすいので、定期的に掃除するのがよいです。下からルーバーをのぞき込んで、黒い点(カビ)が多数見える場合は掃除するタイミングです。

大抵のエアコンの機種では、プラスチック製のルーバー部分を、内側に軽く力をかけると取り外せるようになっています。ここで力をかけすぎると、ルーバーの両端部分が折れますので注意してください。

ルーバーが取れた後は、洗剤を溶かした水に10-20分ほどつけてから、カビをこすって洗い落とすのが手軽です。この時に、金属のたわしなどを使うと、金属の色がルーバーに移ったり、ルーバーに傷がつく場合があります。金属製でないたわしや、スポンジを使うのが無難です。汚れが取れたら、フィルターと同様に乾燥してからエアコンに戻してあげましょう。

(3) エアコンの吹き出し口の掃除
ルーバーの奥の、エアコンの風が吹き出す口の掃除です。この部分は「ほこり」と「カビ」の両方の可能性があります。もし目に見えるほこりがある場合は、小さなはけでほこりを払い落すのがよいでしょう。掃除機が届くようであれば、ほこりを吸い取るのもありです。

ほこりを取った後で、カビが目視で確認できる場合は、漂白・除菌スプレーをかけて、数分放置したあとで布やペーパータオルで拭き取ってみましょう。黒い点のようなもの、またべったりした黒い汚れがついていたら、それはカビと考えて間違いありません。汚れを取った後、スプレーの成分が残らないように、水をしみ込ませた布やペーパータオルで拭いたら掃除完了です。吹き出し口は取り外せませんので、「送風運転」モードで運転して、自然に乾燥させます。

(4) エアコン洗浄スプレー、使う?使わない?
スーパーなどでは、エアコンのフィルターの下にある金属部分(細かいひだがたくさん並んでいる部分)に対して使用する、エアコン洗浄スプレーが販売されています。金額も安いので、買って使ったことがある方は多いと思いますが、効果がある、ないについては意見が分かれるようです。

[1] エアコンを長期間使って、あまり掃除をこまめにしていない方や、プロのエアコンクリーニングを依頼したことがない方、エアコンの型式が古い方は効果があるという意見が多いです。

[2] 逆にエアコンクリーニングを頼んだことがある、こまめに掃除している方、新しいエアコンの方の場合は効果を実感されない場合が多いようです。
もしあなたが[1]の場合でしたら、ぜひ一度お試しになることを勧めます。逆に[2]の場合は、効果を実感できることは少ないのでおすすめできません(使う必要がないと思われます)。
利用する際の注意ですが、エアコンの電極部分にスプレーすると、エアコンが壊れる原因となりますので、注意してください。もし「どこが電極か分からない」「マニュアルがなく、電極部分がどこか確認できない」といった場合は、スプレーは利用しないほうがよいでしょう。

上記1の対策を行ったが改善しなかった場合

一般的な対策をとってみたが解決しなかった場合のアクションについてです。

(1) プロに掃除を依頼する
エアコンを分解しての掃除が必要となる可能性があります。この場合は、素人ではまず無理なので、プロに掃除を依頼しましょう。エアコン掃除は夏に入る少し前が一番忙しい(=需要が多い=料金も高くなる場合が多い)ので、春の時期に掃除を依頼しておくと安く済む可能性が高いです。
エアコンの掃除自体は、60-90分程度で、料金は1万円から2万円程度となるのが一般的です。もしプロの掃除に立ち会ったことのない人は、ぜひ掃除の作業を眺めてみると面白いのでおすすめします。エアコンの中の汚れが、黒い液体となってドロドロと流れてくるのはショックですが、これだけきれいになるものか、とプロの技量を称賛したくもなります。

(2) 諦める
どうやっても臭いが改善しない場合があります。例えば、梅雨の時期などは、室外機から湿度の高い土臭い臭いが部屋に入ってくることがあります。これは、エアコンをいくら掃除したところで、室外機周辺の土を移動させるなど対策を取らないと改善しません。室外機の位置を移動させることができない、また室外機周辺の土をどけることができない場合は、何をやっても無駄なので、梅雨の時期の特にひどい2週間から1か月は、臭いを我慢するしかありません。こうした場合は、根本的な対策ができないので、除湿器で室内を乾燥させ、できるだけ臭いが立たないようにしたり、芳香剤を使ったりなど、「原因の根本解決にはならないが、臭いを緩和する方策」を駆使してしのぐのがよいでしょう。

エアコンの臭いは、それだけでストレスがたまるものです。特に長時間部屋にいる専業主婦の方は、ストレス度合いも大きいでしょう。あらゆる臭いを100%なくすことは残念ながらできませんが、できるだけ効果的な方策をとって、消臭また臭いの緩和を行っていただければと思います。

(参考記事)
脱臭機とエコ