傷口を細菌やウイルスから守る

傷口を細菌やウイルスから守る

ケガをしたときに消毒するのはなぜだかご存知ですか?

転んで擦りむいたり、包丁で手を切ってしまったとき、傷口を消毒した経験があると思います。ではなぜ消毒するのでしょうか。

ケガをすると、本来は外に露出しない体の内部が外に露出してしまいます。体の内部は非常にデリケートです。このケガをした部位は殺菌やウイルスに感染する危険性が高まります。つまり、ケガをした最初の段階では、まず殺菌やウイルスに感染することわや防がなくてはなりません。感染してしまうと、いわゆる「化膿」という状態になり、傷が治るのを防げてしまうからです。

では、消毒効果の高い消毒剤で消毒をすればいいかというと、そう簡単でもありません。

消毒剤は菌を殺したり、ウイルスを不活化(活動できない状態)するためのものですから、必ずしもヒトに優しいものではありません。ヒトの細胞に少なからずダメージを与えます。普段から外に露出している皮膚であれば、それなりに強い組織なので消毒剤に対応できても、傷口は体の内部組織ですから消毒剤で組織が壊れてしまう怖れがあります。そうなると、治りが遅くなるため本末転倒です。

清潔を保ち、ダメージを与えない

ケガをしたときの対応としては、まずは流水でしっかりとすすぐことです。感染の怖れのある細菌やウイルスおよびそれらを含む汚れを除去するのです。その後に消毒をするのが一般的ですが、使う消毒剤は比較的優しい消毒剤(低度の消毒剤と呼ばれている)が好ましいとされています。つまり、細菌やウイルスはやっつけるが、ヒトの細胞組織に大きなダメージを与えない程度のもの、ということです。

どんな消毒剤がいいのかはケガの度合や部位によって一概には言えないので、医師の診断を仰ぐのが適切です。また、傷口の処置の仕方については消毒そのものが不要という考えの医師もいます。知識として知っておきたいのは、傷口から感染することを防ぐために清潔な状態にすること、そして治すためには細胞に過剰なダメージを与えないこと、です。